40代のメンズにおすすめのソフトモヒカンを紹介!オーダーの仕方も解説!

この記事では、ソフトモヒカンについて、ヘアスタイルの定義やおすすめの理由、おすすめのスタイリング剤など、様々な角度から徹底解説します。

40代のメンズで髪型に悩んでいる方はぜひこの記事を読んで大人なおしゃれさを持つソフトモヒカンを検討してみてください。

目次

ソフトモヒカンとは

ソフトモヒカンとは、トップの中央部分を残し、サイドを短く刈り上げる一般的なヘアスタイルのスタイルの一つです。

このスタイルでは、サイドやトップの髪の長さに変化を持たせることで、多様なデザインが楽しめます。ボリュームを残す位置や髪の流れの向きを変更することで、見た目の印象を劇的に変化させることも可能です。

そもそもモヒカンとソフトモヒカンの違いとは?

モヒカンとは、頭の両サイドをほぼ完全に剃り上げ、中央部分を比較的長めに残した特徴的なヘアスタイルです。最初にはネイティブアメリカンの文化に由来し、その後はパンクロッカーや反抗的なスタイルを好む人々によって採用され、大胆で派手な印象を持つスタイルとして知られています。

対照的に、ソフトモヒカンは伝統的なモヒカンスタイルを基にしつつ、サイドを微妙にフェードやテーパーさせるなどのアレンジが施されています。このスタイルは髪のボリュームを抑えつつも、スタイリッシュでエッジの効いた印象を持たせることができます。ヘアスタイルの選択肢として、個性的でおしゃれな印象を与えることができます。

40代のメンズにソフトモヒカンがおすすめな理由

清潔感を与えることができる

40代というのは加齢による身体変化が如実に表れてくる時期とされており、具体的には髪に白髪が増えてきたり、薄毛、抜け毛に苦しむということが挙げられるでしょう。もちろんヘアスタイルの調整以外でもケアは可能ですが、人によっては上手く馴染まないかもしれません。

ここでポイントになるのがこうした身体変化を良い方向へと持っていくヘアスタイルの選択です。加齢に対して若いときのままのスタイルで立ち向かうことよりも、その時の身体状況にマッチしたヘアスタイルを採用すると、年相応の落ち着きとカッコよさを表現できるので、短髪のソフトモヒカンはおすすめの髪型となっています。

スタイリングの簡単さ

ソフトモヒカンは、スタイリングが簡単な髪型として知られています。以下が主なスタイリング方法です。

  1. 髪を濡らし、トップと前髪を立ち上げるように乾かす
  2. ワックスを取りとり両手に広げる
  3. 髪全体になじませてから、トップを立たせるように形を作る
  4. 毛先を遊ばせるようにシルエットを整えたら完成

このようにビジネスマンの朝の貴重な時間を無駄に取りすぎることがない点からもソフトモヒカンは40代のメンズにおすすめの髪型です。

顔や頭の形をよく見せてくれる

年齢とともに頬のたるみや額の後退など、様々な悩みが現れることは避けられません。大人のソフトモヒカンを成功させるためには、美容師の方に自分の気になっているポイントを正確に伝えると、顔の形状や頭の形の調整をしてバランスの取れたヘアスタイルを提供してくれるでしょう。

ヒゲに似合う

ヒゲは大人の男性を格好良く見せる要素ですが、そのためにはヒゲにしっかりと似合うヘアスタイルにすることが重要です。中でも特にソフトモヒカンは清潔感を強調できるため、ヒゲとの相性がとても良いとされています。また短髪のスタイルとヒゲは相性が良いとされているので、そういう面でもおすすめです。ヒゲとベリーショートのヘアスタイルを上手く組み合わせることで、より大人っぽいスタイルが完成します。

ソフトモヒカンのスタイルを作るコツ

スタイリング剤の使用

ボリュームと質感を出すために、スタイリング時にワックスやジェルを使用します。これにより、髪型がしっかりとまとまり、望むスタイルをキープしやすくなります。

定期的なカット

髪の長さを揃えるためには、定期的な髪のカットが重要です。特にサイドやバックの長さを調整することで、ソフトモヒカンのスタイルを保ちやすくなります。

適切なシャンプーとコンディショナー

髪を健康的な状態に保つためには、保湿効果のあるシャンプーとコンディショナーを使用しましょう。これにより、乾燥からくるパサつきやダメージを軽減できます。

スタイリングの仕上げ

ジェルやワックスを使って、髪型を最終的なスタイルに仕上げます。手で整えるか、コームやブラシを使って整えながら、理想の形に整えましょう。

ソフトモヒカンの種類

ショートソフトモヒカン

サイドとバックを刈り上げ、トップは毛先を軽く遊ばせた、短めのソフトモヒカン。ビジネスシーンでも好印象を与えるスタイルです。

ベリーショートソフトモヒカン

襟足を短めに刈り上げ、トップに行くにつれて長さが増すスタイル。若い男性にはスポーティーでさわやかな印象を、大人の男性には色気を演出することができます。

フェードカットソフトモヒカン

徐々に長さが増すようにグラデーションを作るフェードカットと組み合わせたスタイル。サイドの毛が伸びても形が崩れにくく、おしゃれな印象を保ちます。

ツーブロックソフトモヒカン

サイドを短めに刈り上げ、トップを長めに残したツーブロックモヒカン。セット時にトップに動きを出すと、さわやかなイメージを演出できます。

束感ソフトモヒカン

トップの髪に束感を出し、オシャレさ抜群のソフトモヒカンスタイル。ボリュームがあり、頭の形がキレイに見えるのが魅力です。

ソフトモヒカンをオーダーするコツ

髪のクセを伝える

つむじや生え際、側頭部などの特定の部分にクセがあること、髪が伸びてくると右に流れるクセがあるなどの、具体的な髪の毛のクセはしっかりと美容師の形お伝えしましょう。その上で、クセを活かすのか、抑えるのか、また毎日のスタイリングのしやすさや好みについても伝え、美容師とのコミュニケーションを通じて理想の髪型について共有するよう心がけましょう。こうすることで、より効果的な仕上がりが期待できます。

前髪について相談する

たとえば、前髪を立ち上げたい場合や若干斜めに流したい場合、前に倒しつつ立たせたい場合など、具体的なスタイリングの希望を細かく伝えましょう。また、自分が想像している完成形についてできるだけ詳しく説明し、具体的なイメージ画像や参考になる写真があれば、それを美容師に見せることで、理想の前髪スタイルに近づける可能性が高まります。コミュニケーションを大切にし、細部まで希望を共有することで、より満足度の高い仕上がりになります。

トップの長さを事前に考える

理容室や美容院でのカットでは、具体的な長さやスタイルを伝えることが大切です。特に前髪にクセがある場合は、将来の伸びてきたときのスタイルを考慮することも重要です。

カットする際に、前髪のクセや伸びたときのことを考慮しやすくするために、具体的な長さやスタイルについて詳細な情報を提供することが良いアプローチです。例えば、「前髪が右に流れるクセがあるので、伸びてきてもスタイリングしやすいように、前髪は◯cmにしたい」といった具体的なリクエストは、美容師が理解しやすく、期待するスタイルに仕上げるのに役立ちます。

サイドの長さについて

サイドの長さに関して、1〜3mmは、頭皮が見えるくらいの長さが、男らしい雰囲気を演出するポイントとなります。また、3mmを超えて6mmあたりまでの範囲も、頭皮がうっすら見えるソフトモヒカンになり、男らしさが損なわれずにおしゃれを表現できます。耳の上の髪をカミソリで剃るスキンフェードも、男性に人気のスタイルの一つですね。これらの指定を美容師や理容師に具体的に伝えることで、希望のスタイルに近づけるでしょう。

おすすめのソフトモヒカンのヘアスタイル

ラフで長めのソフトモヒカンスタイル

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/424886546112153301/

こちらのヘアスタイルは、ラフで長めのソフトモヒカンスタイルとなっています。毛先をパーマで遊ばせることによってソフトモヒカン特有の男らしさやかっこよさは軽減されますが、落ち着いた大人のおしゃれが実現できます。あまり怖い印象を与え過ぎたくないという方におすすめのヘアスタイルです。

王道ソフトモヒカンスタイル

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1078471442003003936/

こちらは王道で基本的なソフトモヒカンスタイルです。サイドとトップの差があまりないので、基本的なモヒカンスタイルよりは怖さや威圧感がなくなります。ただ短髪特有の清潔感は持ち合わせているので、あまりイカつい印象にはなりたくないけど、大人の余裕を見せた短髪スタイルにしたいという方におすすめのヘアスタイルです。

ツーブロック感強めのソフトモヒカン

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/639440847113971057/

こちらはツーブロック感が強いソフトモヒカンのスタイルです。このヘアスタイルはスタイリングする際にトップの部分をかなり持ち上げているため、少しイカつく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、セットする際にトップの持ち上げ方をマイルドにすると少し柔らかい印象になるのでおすすめです。

このヘアスタイルに限らず、カットした後からでも多少はスタイリングで雰囲気やイメージを変えることは可能なので、なりたい雰囲気を日々模索してみるのも良いでしょう。

襟足を残したソフトモヒカンスタイル

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/704461566738738257/

こちらは襟足を残したソフトモヒカンスタイルです。襟足を残すことによって少し若さを感じさせることが可能です。ただ短髪にすることによって無理な若作りのような厳しさはなくなるので、純粋に襟足があるヘアスタイルがお好みの方にもおすすめできる髪型です。

スタイリングはあまりトップもサイドも立たせ過ぎずに、ナチュラルな雰囲気を持たせるとおしゃれな雰囲気を出すことが可能です。

おすすめのスタイリング剤

ナカノ スタイリング ワックス 4 ハードタイプ


(出典:https://nakano-online.com/shop/g/g12815/

容量:価格90g:1430円(税込)
ブランドNAKANO (ナカノ)

ヘアスタイリスト監修の下、中野製薬から発売されているスタイリング剤です。高いセット力と操作性の優秀さが売りで、ヘアスタイルの自然さを失わないスタイリングが可能です。

特にソフトモヒカンなどのショート系のヘアスタイリングにおすすめなので、そのヘアスタイルを選択する方は購入を検討してもよいかもしれません。

オーシャントリコ ヘアワックス オーバードライブ 80g ワックス メンズ レディース マット キープ


(出典:https://fitsonlinestore.com/c/oceantrico/311232072

容量:価格80g:1650円(税込)
ブランド‎OCEANTRICO(オーシャントリコ)

オーシャントリコシリーズのスタイリング剤です。とにかくセット力に優れており、ショートヘアのスタイリングにおいてその強みを発揮します。ツヤを余り出さない、マットな仕上がりになっており、ヘアスタイルのワイルド感をより一層引き出します。髪に馴染みやすく、トリートメント成分配合による髪のダメージの補修が行われるといった特徴はシャインオーバーと同じ。ソフトモヒカンの男性にもおすすめの商品です。

マットハードワックス|LIPPS HAIR(リップスヘアー)

(出典:amazon

容量:価格85g:1650円(税込)
ブランドLIPPS(リップス)

このスタイリング剤は、ラフで動きのある束感スタイルを作り出し、しっかりと1日中キープする点が特徴的です。特にソフトモヒカンなどのベリーショートからショートヘアの方に適しています。動きのあるスタイルをキープする力強さが魅力で、男性だけでなく女性にも好まれるアップルグリーンの香りが特徴的です。

MEUVLE (ミューヴル) ジェリーワックス G6 (ブルー・セット力&ツヤ感出し)


(出典:amazon

容量:価格90g:1430円(税込)
ブランドMEUVLE(ミューヴル)

こちらはジェルタイプのワックスなので艶感を出すことができることが特徴的です。比較的硬く強めのワックスなので、セット力も十分で崩れにくいです。幅広い髪質に対応しているので、艶感とセットの安定感を重視し、ソフトモヒカンの中でも艶感が欲しいヘアスタイルの方におすすめのジェルワックスです。落ち着いたジャスミンの香りが大人らしさを倍増させます。

LIPPS(リップス) ヘアオイル

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1142436630451382875/

こちらのヘアオイルは、髪をコーティングすることができるので、作ったヘアスタイルが長持ちすることが特徴です。ソフトモヒカンのスタイルは、髪の毛のキープ力が重要なので、このようなアイテムは使うと効果が高くなりやすいです。髪の毛につけると、ナチュラルでさらさらな質感を手に入れることができます。無香料タイプで、 お使いの香水や柔軟剤の匂いを邪魔することがないので、気軽に使うことができる点もおすすめです。

まとめ

今回は40代のメンズにおすすめのソフトモヒカンのヘアスタイルについて紹介しました。モヒカンというと少し怖い印象を持たれる方がいらっしゃったかもしれませんが、実際のところはそんなことはなく、清潔感とデザイン面を両方兼ね備えた万能ヘアスタイルです。

また、朝のスタイリングの時間もあまり取る必要もない点もおすすめのポイントです。この記事をきっかけに、ぜひお好みのソフトモヒカンスタイルを探して、カットしてみてください。