Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/xs780789/7utile.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/inc/seo/ogp.php on line 96

やっぱり短髪の印象がいい!メンズおすすめショートヘア7選・2023年版

メンズヘアスタイルの王道、永遠の定番といえば、やはりベリーショート。美容院へ行ってまず聞かれる「今日はどんな髪型にしますか?」に対して、的確な長さとスタイルを伝えられる人は少ないかもしれません。

ただベリーショート、短髪は短ければいいというものではなく、野暮ったくならないヘアスタイルづくりは意外に難しいものです。この記事では、顔タイプの特徴や印象別におすすめなヘアスタイル、特に爽やかで清潔感があると思われるショートヘアとおすすめのスタイリング剤についてお伝えしていきます。

メンズの短髪とはどのくらいの長さ?

ショートヘアと聞くと短いと想像できますが、実際にどのくらいの長さを指すのか理解が曖昧な人も多いのではないでしょうか。

正確な定義はありませんが、メンズのショートヘアは、耳の上に髪がかかるギリギリの長さで、前髪は眉上2センチくらいにカットされたスタイルをショートと呼んでいるヘアサロンが多いようです。

ショートヘアがおすすめの理由は?

ショートヘアがおすすめの理由は、男らしさをアピールできること。でも、それだけではありません。このほか、ショートヘアのおすすめポイントを3つ紹介します。

1:頭の形をきれいなシルエットに見せてくれる

1つ目のおすすめ理由は、頭の形をきれいに見せてくれることです。

コンプレックスに感じてロングヘアにすることで自身の頭部の形をカモフラージュしている人もいるでしょう。しかし、そもそも頭の形は人それぞれ違うものです。

ショートヘアでは、バランスがいいと言われるひし形のフォルムを作りやすく、サイドが張っている場合や絶壁型の頭部も簡単にカバー可能です。またショートにすることで、全体のボリュームを抑えられるため、頭でっかちに見えることも少なくなります。

2:ヘアアレンジの選択肢が広がる

ショートヘアなら、ヘアアレンジの幅が広がります。

メンズのショートヘアは、前髪から後髪まで程よい長さが残っているため、ヘアアレンジの幅も広くなります。

ドライヤーとブラシだけでシンプルにまとめたナチュラルショートで清潔感も出すことができるほか、流行のセンターパート分けも可能です。

スタイリング剤を選ばず様々なスタイリングを楽しめるため、髪型で見た目の印象を変えたいと思ったときや気分でスタイルを変えるおしゃれな方にもぴったりです。

毛先を不揃いにしてヤンチャ感を出したり、一方向にそろえてデキるビジネスマン風にするのも思うがままです。

3:清潔感を伝えやすい

特に男性なら短い髪のほうがやはり清潔感を出せます。

身だしなみに気を使っているか判断する際に、服装と同じくらい重要なのは髪型です。ビジネスシーンだけでなくプライベートでも、清潔感のあるヘアスタイルには世代や性別を問わず好印象を抱かれやすいもの。顔周りをすっきりと見せるショートヘアは、 その人本来の素顔を際立たせる効果もあります。

髪が短すぎると威圧感が増して、近寄りがたくなってしまいますが、適度なショートヘアならそのような心配もありません。

メンズ顔タイプとは?

ここまでショートヘアをおすすめする理由を説明しました。ただし、顔のタイプによって似合うショートのヘアスタイルは変わってきます。

顔立ちを「子供顔か大人顔」「曲線顔か直線顔」の2つの要素の組み合わせで

  • チャーミング
  • フレッシュ
  • エレガント
  • クール

以上、4タイプに分けて解説します。

どのような印象が持たれるのか、またタイプに当てはまる代表的な芸能人でチェックしましょう。

1:チャーミング

チャーミングタイプの方は「子供顔」で「曲線」の分類です。

顔立ちから与える印象としては、柔らかい、親しみやすく可愛らしい、優しそう、若々しいといったものです。

芸能人で例えると、竹内涼真さん、山崎賢人さん、有吉弘行さんなどがチャーミングなタイプに属します。男性的というよりは中性的で、丸みを帯びた愛嬌のある顔立ちと言えるでしょう。

フレッシュ

フレッシュタイプの方は「子供顔」で「直線」の分類です。

爽やか、親しみやすい、スタイリッシュで華がある、若々しくて清潔感がある、などが顔立ちから受ける印象としてあげられます。

芸能人で例えると、星野源さん、福山雅治さん、田中圭さんなどがフレッシュなタイプです。童顔、ボーイッシュでありながら色気を感じさせるタイプと言えるでしょう。

エレガント

エレガントタイプの方は、「大人顔」で「曲線」の場合。

大人っぽさ、優しさ、上品さがエレガントタイプのキーワードです。

芸能人で例えると、妻夫木聡さん、長瀬智也さん、阿部寛さんなどがエレガントなタイプに分類されます。大人の男性がもつセクシーさと品のあるたたずまいが、異性はもちろん同性からも好かれる顔立ちだといえるでしょう。

クール

最後に、クールタイプの方は「大人顔」「直線」。4タイプのうちもっとも男らしいのがクールタイプです。

顔立ちから与える印象としては、シャープ、凛々しさ、男らしくかっこいい、落ち着いた貫禄があるなどです。

芸能人で例えると、小栗旬さん、西島秀俊さん、本田圭佑さんなどがクールなタイプです。

印象別おすすめショートヘア7選とスタイリング術

4タイプの顔立ちと、与える印象について解説しました。芸能人でたとえるとよりイメージしやすかったのではないでしょうか。

顔立ちがわかったところで、どのようなヘアスタイルがどういった印象に見られるのか見ていきましょう。

ショートヘアの中にも細かく、王道のツーブロックやセンターパート分けなど様々なヘアスタイルがあります。自分がどのような印象を持ってもらいたいかによっても、おすすめするヘアスタイルが変わります。

ここでは、印象別におすすめなショートヘア7選とスタイリング術を紹介します。

精悍で小洒落た雰囲気が出せる高感度抜群な王道ショートヘア

精悍な雰囲気を醸し出すには、メンズの王道ショートヘアスタイル。

髪すべてを90度で引き出し、前髪、トップ、えりあしの全てを同じ長さにカットするセイムレイヤーをベースに、えりあしは少し浅めに刈り上げて耳周りは揃えない程度にすっきりとカットしていることが特徴です。

トップの軽さと束感は、髪のボリュームを減らしナチュラルになじませるように切ることで出しています。軽くパーマをかけると、自然で柔らかい質感が生まれます。

その結果、スタイリングが柔らかくなると同時にビジネスシーンでも違和感を与えない小洒落た雰囲気を演出できます。

スタイリングのポイントは、前髪を立ち上げながら全体をドライした後、ワックスをなじませることです。

髪にツヤ感を出すと、商談など重要な場面で相手から信頼を寄せられやすいスタイリッシュな印象になります。

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/590182726196298089/

おすすめのスタイリング剤は、「ナカノ スタイリングタントNワックス5 スーパーハード」

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1142436630455661661/

無造作ショートヘアで大人がさりげなく若さを演出

若作りといわれない、さりげない若さを見せるには、マッシュベースの無造作ショートヘアスタイルがおすすめです。サイドを刈り上げず、顔の骨格ラインに合わせて短くカットすることで、重すぎず軽すぎずの絶妙なバランスを表現します。

この髪型のポイントは、カールとスパイラルのミックスパーマにすることでトップの躍動感を際立たせているところです。

スタイリングのポイントは、ハーフウェット状態にし、パーマを生かすことです。

スタイリング剤は、髪に自然なつやを加える効果のあるグロスを使い、無造作感を出せるようにスタイリングしましょう。

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/796714990344416529/

おすすめのスタイリング剤は、「LIPPS(リップス)ウェットブラスト ヘアワックス」

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/792070653199123781/

大人の色気を出すにはリバースショートスタイル

色気のあるヘアスタイルにしたければ、サイドとえりあしをすっきりとさせたリバースショートスタイルがおすすめ。

ツーブロックにして前髪とサイドを長めに残して後ろに流すことで、前髪から後までを同じ長さに真直ぐ切り揃えたワンレングス風なフォルムに仕上がります。

直毛で動きが出にくいときは、毛先にニュアンスパーマをかけるとより色気を感じさせるヘアスタイルに変わります。

分け目を意識して毛の流れを後へもっていくようにドライヤーをし、ワックスで整えるスタイリングがおすすめです。トップのふわっとした立ち上がりが保ちにくい場合は、ハードスプレーを仕上げに振ると長時間のキープが可能です。

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/516647388523297874/

おすすめのスタイリング剤は、「uevo(ウェーボ)デザインキューブ ハードワックス」

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1142436630459978037/

上品な印象にするならグラデーション刈り上げのツーブロック

サイドをグラデーションに刈り上げて、表面の髪が重なり合うツーブロックスタイルなら、上品な印象を演出できます。

毛先をスライスカットして間引くと、バランスの良い毛量、質感を出せます。さらに、根元からハーフカールのパーマをかけることで、ボリューム感を演出し、より上品な印象も与えられるでしょう。

ワックスを揉み込んでルーズに仕上げることがセット時の大切なポイントです。ビジネスの場面では、髪が濡れている状態でグリースやジェルを付けた後に櫛を通してセットする方法がおすすめ。シーンごとにスタイリングを使い分けるのがベターです。

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/858920960207368091/

おすすめのスタイリング剤は、「MILBON(ミルボン)ニゼル ドレシアコレクション ジェリーH」

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1142436630459500425/

アンニュイな雰囲気に見せたいときはフレンチショートヘア

フレンチショートヘアは、アンニュイな雰囲気を漂わせたい人におすすめのショートヘアスタイルです。

トップからバックは黒髪でも柔らかい感じが出るように毛先ほど細く間引くスライドカットと、毛先をジグザグに切って軽いラフスタイルを作れるチョップカットで量感を調整しています。

頭の形を良く見せるようにショートの人でもできるピンパーマをしている点もポイント!

もみあげは、ある程度長さが残るように浅めに刈り上げるとナチュラルなヘアスタイルになります。

スタイリングのポイントは、トップとバックの根元を起こすようにドライヤーで乾かし、ワックスを揉み込んで形を整えることです。ビジネス、プライベートとにワックスやジェルを使い分けてセットするのがおすすめです。

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/782641241513209783/

おすすめのスタイリング剤は、「ナカノ スタイリングタントN ワックス4ハード」

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1142436630456819566/

爽やかな印象にするには王道のアップバンク

爽やかな印象に見せたいときは、アップバンクがおすすめ。

刈り上げ部分をハサミのみでグラデーション状にカットして、髪が伸びても違和感なくセットできます。前下がりになるように長さを調整すると、きれいなシルエットとなります。

全体にワックスを馴染ませ形を整えるだけで完成する簡単なヘアスタイルです。仕事の日だけは前髪を上げ、オフの日は前髪をおろすと違った印象になります。

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/929571179328441436/

おすすめのスタイリング剤は、「デミ ヒトヨニ ピュアワックス11」

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1142436630452969967/

男らしくワイルドな印象ならクラウドマッシュベースのツーブロック

野性味があふれる男らしい印象をつくりたいときは、丸みを帯びたシルエットのマッシュをベースとして、ツーフロックやアップバンクを加えたヘアスタイルがおすすめ。

無造作な雰囲気にしたいなら、毛先にだけパーマをかけるのも流行の方法です。

面長や丸顔、四角顔まで顔の形を選ばないヘアスタイルなので、イメチェンをしたい方は挑戦しやすいでしょう。

スタイリングのポイントは、根元からしっかりと熱を与えて乾かし、髪を立ち上げるようにボリュームを出すことです。全体にワックスを揉み込んだら髪を軽く整えながら束感を作り、ハチの部分を抑えてひし形になるようにボリュームをコントロールすれば完成です。

ドライワックスでセットすることでよりワイルドさを際立たせてくれます。

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/925560160901267355/

おすすめのスタイリング剤は、「UNO(ウーノ)マットエフェクター」

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1142436630460262403/

まとめ

相手に好印象を持ってもらうには、どのような場面でも清潔感が大切です。

メンズショートヘアは、幅広いアレンジが可能で、清潔感を感じさせる演出から男らしさ重視または上品さを感じさせるにも効果的です。

仕事中は、髪を上げてセットし爽やかな「デキる人」オーラを出し、休日は髪をおろし柔らかいイメージを演出するなど、オンオフを分けられるのもポイントです。

さらに、自分の顔タイプが分かれば、数あるショートヘアの中からより自分に似合ったヘアスタイルを選ぶことができ、今までのようなカットが終わった後の「なんか思っていたのと違う」がなくなるでしょう。

印象を変えたいと思っている方、今まで抵抗があってなかなかできなかった方も、ぜひショートヘアに挑戦してみてください。