Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/xs780789/7utile.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/inc/seo/ogp.php on line 96

セーターの選び方、着こなし方を紹介!コーディネート7選!

冬になるとやはり暖かい格好をしたいこともあり、セーターの購入を検討する方は一般的に多いのではないでしょうか。しかし「セーターを買いたいと思っているけど、種類やカラーが多くて決められない」「買ったはいいものの着こなしに悩んでいる」など、選び方や合わせ方に悩む方もいるようです。そこでこの記事では、セーターの選び方、セーターの下に着るインナーの選び方、そしてセーターの着こなし方まで徹底解説します。

目次

セーターの選び方

セーターの素材と機能性

素材や機能性を見て選びます。雨の日でも問題なく着用できるセーターや、保温性の高さが特徴的な寒い時期にぴったりのセーターなど、用途に合わせて選ぶと、満足するセーターが見つかります。

セーターの着心地

セーターは着用感が大切な衣服です。素敵なデザインだったとしても、実際に肌に触れたときにチクチクするセーターや、着たときに歩きにくいセーターはあまり着たくなくなってしまいます。なので肌に直接触れる部分の肌触りや着たときの動きやすさはチェックしてから購入すると失敗しにくいです。

セーターのコーディネート

セーターを選ぶときは、自分の持っている服とのコーディネートする上での相性をチェックしながら購入するのもポイントです。もしあまりイメージがつかないときは、ユニークなものでなく、シンプルなイメージのセーターを購入するとどんな服にも合わせやすいのでおすすめです。

セーターのデザイン性

セーターを選ぶときは、デザインにも注目するとより良いです。コーディネートの主役にセーターを置きたい場合は、少し目を引くようなセーターを選びましょう。またシンプルなイメージのコーディネートを目指す場合は、シンプルな印象のものを選ぶと良いでしょう。

セーターの好みのブランド

セーターはさまざまなブランドから発売されており、各ブランドごとに特徴があります。ブランドの特徴的なデザインや素材に注目して、自分の好みやスタイルに合ったブランドを選ぶと、おしゃれをより楽しむことができます。

セーターの下にインナーを着ることのメリット

セーターを買ったはいいものの、その下に何を着ればいいのか迷ってしまう方も多くいるのではないでしょうか。そんなときは、セーターの下にインナーを着ることをおすすめします。

清潔感のある印象を与えられる

汗をかいても、下のインナーに吸収させることができるのであまり目立たなくなります。また直接着用しないことによって、汚れることも少なくなるので洗濯の回数を減らすこともできます。セーターは洗濯をするとヨレてしまうことがあるので、長い間新品のような綺麗さを保ちながら着用することが可能です。

セーターのみと比べて印象を変えることができる

セーターを着続けていたら印象はずっと同じで退屈に思う方もいるかもしれません。そんなときに下にインナーを着るだけで雰囲気を変えることが可能です。下に着るインナーによって雰囲気を調整できるので、セーター1枚で長く楽しむことができます。

セーターの着用感がよくなる

セーターを買って、着てみたはいいものの肌に当たって少しチクチクする経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。しかしインナーを一枚着るだけで、肌と直接触れることはなくなるので、着用感が良くなります。

寒さによって調節できる

セーター1枚だと寒いというときに、下にインナーを1枚着ると体感温度の調節が可能です。寒い時期にセーターを着たい方にもおすすめの着こなし方です。

フォーマルな印象とカジュアルな印象を意識する

洋服は大きく分けてフォーマルな印象とカジュアルな印象の2つの種類のイメージに分けられます。自分がどのようなイメージの洋服を着たいか意識してチョイスすると、自分により似合う印象の仕上がりになります。セーターの下に着るインナー選びも同じように、フォーマルな印象に見せるならキレイめ、カジュアルな印象に見せるならカジュアルなインナーを選ぶと上手くまとまりやすいです。

大人っぽく見えるフォーマルな印象のインナー

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/766526799098485900/

こちらのレギュラーカラーシャツはセーターと組み合わせることで、大人っぽさを演出することができます。襟がついているものを選ぶと、セーターから覗く襟がよりオシャレに見えます。

カジュアルな印象のおすすめインナー

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1054827543960084832/

ロングTシャツは、セーターの下に合わせて着用することで、ラフでカジュアルな印象を演出することができます。丈の違いで雰囲気を一変させることができるので、セーターのコーディネートに行き詰まりを感じてきた上級者の方にもおすすめです。

セーターの着こなし方を紹介

アーガイルセーター

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/941322759592923298/

アーガイル柄は、スコットランドのアーガイル地方に起源を持つ柄で、ブリティッシュテイストのファッションにぴったりです。特に最近のトレンドとして注目されており、ファッション好きの間でも人気です。アーガイル柄はその独特のデザインで目を引くため、主役として着るのはもちろん、インナーとしてチラ見せするだけでもおしゃれな印象を演出できます。

アーガイル柄を取り入れたスタイリングのポイント

カジュアルなアイテムと組み合わせる

アーガイル柄は綺麗な印象のアイテムと組み合わせるのが一般的ですが、カジュアルなボトムスやアウターと合わせて、メリハリを出すのもおすすめです。カジュアルなアイテムと組み合わせることで、ファッションに遊び心を加えることができます。

生真面目すぎない着こなしを目指す

アーガイル柄は少しシックな印象がありますが、あまり真面目すぎる着こなしにしないことが重要です。カジュアルな要素を取り入れつつ、自分らしいスタイリングを楽しんでください。

メリハリを意識する

アーガイル柄が目を引くので、他のアイテムとのバランスを意識しましょう。派手すぎないように、他のアイテムをシンプルに選ぶか、アーガイル柄を程よくチラ見せすることで、全体のメリハリを出すことができます。

アーガイル柄は、トラディショナルな魅力とモダンなスタイリングの組み合わせが楽しめるデザインです。自分のファッションスタイルに合わせて取り入れ、トレンド感を取り入れたおしゃれなコーディネートを楽しんでください。

オーバーサイズセーター

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/374572894020187969/

ゆるっとしたオーバーサイズセーターは、リラックス感を楽しめるアイテムです。ただし、オーバーサイズのアイテムは着こなし方に注意が必要で、幼く見えてしまう可能性があるため、デザインとコーディネートに工夫が必要です。

オーバーサイズセーターを着こなすコツ

シンプルなデザインを選ぶ

オーバーサイズのセーターはゆるっとしたシルエットが特徴ですが、デザインが複雑だとゴチャついてしまいます。なのでシンプルなデザインのセーターを選んでスマートな印象を保ちましょう。

コーディネートをシンプルにする

オーバーサイズのセーターを主役にするため、他のアイテムはシンプルにまとめるのが効果的です。シンプルなボトムスやシューズを選んで、全体をすっきりとまとめましょう。

アクセサリーを控える

アクセサリーを過剰に付けると、せっかくの大人らしいイメージが少し幼く見えてしまう可能性があります。シンプルなアクセサリーを選び、控えめに使うことで、大人らしいスタイルをキープすることができます。

サイズに注意

オーバーサイズのアイテムはサイズ選びが重要です。あまりにも大きすぎるとバランスが崩れますので、適度なゆとりがあるサイズを選びましょう。オーバーサイズセーターはリラックス感を楽しむことができる素敵なアイテムですが、適切なデザインとコーディネートを心掛ければ、大人らしいスタイリングを実現できるでしょう。

ベイクドカラー

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/941322759591712129/

ベイクドカラーは、焼けたようなスモーキーな色合いで、秋冬にぴったりな落ち着いたムードを演出します。代表的な色としてはダークブラウンやマスタードが挙げられます。

ベイクドカラーセーターは旬度が高く、様々なボトムスと組み合わせやすい汎用性のあるアイテムですが、注意が必要なのは少し重いイメージが持たれやすいという点です。そこも考慮して、コーディネートに軽さを取り入れることがおしゃれに着こなす上で大切なポイントとなります。

ベイクドカラーセーターを着こなすコツ

明るい色と組み合わせる

ベイクドカラーは比較的落ち着いた色調なので、明るい色のアイテムをアクセントとして取り入れることで、コーディネートに軽やかさをプラスできます。たとえば、白やライトグレーのボトムスやシャツと合わせると良いでしょう。

アクセサリーを活用する

軽さを演出するために、アクセサリーを使うのも良いです。例えば、ネックレスや腕時計を取り入れて、少しカジュアルで軽い印象を与えましょう。

ベイクドカラーセーターは秋冬のファッションにぴったりのカラートーンであり、洗練されたスタイリングを楽しむのに適しています。軽さを意識してコーディネートを組むことで、センス良く着こなすことができます。

チルデンセーター

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/627970741815406864/

チルデンセーターは、Vネックセーターの襟元や裾、袖口などに1本から複数本のラインが配されたデザインのセーターです。このスタイルは、1920年代から1930年代に活躍したアメリカのテニスプレイヤーであるウィリアム・チルデン氏が着用していたことに由来し、トラディショナルな雰囲気を持っています。チルデンセーターの最大の魅力は、その特徴的なデザインによって伝統的でスタイリッシュな印象を演出できることです。また、Vネックの広さからレイヤードスタイリングが楽しめ、さまざまなアウターとの相性が良いことも特徴です。

チルデンセーターを着こなすコツ

首元のアイテムを使う

チルデンセーターも首元に特徴的なラインがあるので、それに合わせるような、タートルネックなどの首元が特徴的なアイテムと組み合わせるスタイルがおすすめです。これにより、大人っぽくリズミカルなコーディネートを作ることができます。画像のようにスカーフを巻いても良いでしょう。

アウターとの相性を考える

チルデンセーターは襟元が広いため、様々なアウターと組み合わせられます。レザージャケットやチェスターコートなど、季節やシーンに合わせてアウターを選ぶことで、多彩なスタイリングが可能です。

チルデンセーターはその特徴的なデザインがファッションにアクセントを加え、トラディショナルな魅力を持っています。レイヤードスタイリングを楽しんで、季節やシーンに合わせたコーディネートを楽しんでください。

ノルディック柄セーター

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/940337597166470719/

ノルディック柄とは、ノルウェーや北欧地域で伝統的に使用される柄で、雪の結晶、トナカイ、もみの木など北欧らしいモチーフが特徴です。派手すぎない発色であれば、大人の着こなしにも違和感なくマッチします。

ノルディック柄セーターを着こなすコツ

シンプルなアイテムと組み合わせる

ノルディック柄セーターは存在感があるアイテムなので、他のアイテムはできるだけシンプルなデザインを選びましょう。デザインが派手に映りすぎないように、ベーシックなトップスやボトムスと組み合わせることで、バランスが取れたスタイリングになります。

カラーチョイスに注意

カラーチョイスも重要です。派手すぎず、大人っぽい印象を持つ色合いを選びましょう。ネイビー、ダークグレー、ボルドーなどが一般的な選択肢ですが、自分の好みに合わせて選んでください。

ノルディック柄セーターは、ファッションのアクセントとして素晴らしい役割を果たしてくれます。他のアイテムと組み合わせる際には、シンプルなデザインとバランスを取りながら、ノルディック柄を際立たせましょう。

まとめ

秋から冬にかけてファッションの中心に君臨するセーターですが、種類だけでも様々なものがあります。その中で着こなしまで考えるとなるととても大変ですが、しっかり着こなしたときのカッコ良さは群を抜いたものがあります。ぜひ自分好みのセーターの着こなし方を見つけて、ファッションをお楽しみください。