Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/xs780789/7utile.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/inc/seo/ogp.php on line 96

今のトレンドはMA-1!おすすめコーディネートを紹介!

MA-1というと、現在人気を集めているファッションアイテムですが、「名前は聞いたことがあるけれど、どんなコーディネートをしたら良いのか分からない」「人気を集めていることは知っているけど、どんな服なのかはよく分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、MA-1の起源や解説、カラーやコーディネートなどを様々な角度から徹底解説します。

MA-1とは

MA-1(エムエーワン)とは、フライトジャケットの一種であり、ボンバージャケットに含まれます。MA-1はもともと、戦闘機のコックピットでのパイロットの着用を前提に開発されたジャケットで、操縦室内での操作時に計器スイッチなどに引っかからないように設計された、非常にシンプルなデザインが特徴です。

1980年代ごろから日本でもカジュアルウェアとして愛用されるようになり、その後も不動の定番アウターとして人気を保ち続けています。MA-1はその汎用性の高さから、多くの人に愛されていますが、定番のアイテムであるが故に、着こなしにおいて他者と似たようなファッションスタイルに陥りやすいという課題もあります。MA-1はおしゃれで安定感があり、どんなスタイルにも合うアイテムですが、他と差別化を図りたい場合には工夫が必要です。

さらに、MA-1の特徴として、上空の極端に低い気温に対する防寒性を確保するために、中綿がジャケット内部に詰められています。初期のデザインではレザーで作られていましたが、上空と地上の気温差によって水分が発生し凍結することを防ぐために、後にナイロン素材に進化しました。さらに、MA-1は防寒性を重視しており、風の侵入を防ぐために袖と裾にリブ状の仕様が採用されています。

また遭難時に救助隊が見つけやすいようにカラーが変更された、オレンジのリバーシブルの裏地が特徴的な「レスキューオレンジ」と呼ばれるデザインなども存在します。

着こなすためのポイント

MA-1をおしゃれに着こなすために、3つのポイントを紹介します。これらの3つの要素を完璧に組み合わせる必要はありませんが、どれか1つでも取り入れることで、スタイリッシュなMA-1の着こなしを実現できます。

首元の合わせ方に注意

MA-1の首元は短く、リブ仕様です。なのでインナーウェアの選択で全体の印象が大きく変わります。何も首元に着用していなくても十分おしゃれなアイテムとなっていますが、首元に何かアイテムを着用するだけで華やかさが一変します。

例えば、タートルネックやシャツ、パーカーなどを首元に合わせることで、独自のスタイリングを楽しむことができます。首元のアレンジでスタイルにメリハリを持たせましょう。また寒い時期の防寒対策にもぴったりです。

段差コーディネートでショート丈を活かす

MA-1はショート丈が特徴です。この特性を活かすために、少し長めのインナーウェアとの段差コーディネートを試してみましょう。

ジャケットとインナーウェアの丈感に差をつけることで、着こなしに立体感を与えられます。ただし、インナーウェアが極端に長すぎたり、逆にMA-1の丈が短すぎても、だらしなく見えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

素材とシルエットに注意

大人らしい印象を演出したい場合、MA-1の素材とシルエットにフォーカスを置きましょう。もしオーバーサイズのMA-1を選ぶ際には、上質な素材を選んで高級感を出すことがおすすめです。またスリムなシルエットのMA-1を選ぶと、スタイリッシュな印象が生まれます。

素材とシルエットに気を配り、大人らしいカジュアルスタイルを完成させましょう。

ma1のカラー

ma1のカラーについて

MA-1は当初、空軍と海軍向けにセージグリーンとミッドナイトブルーの2色で生産されましたが、パイロットが地上でカモフラージュが必要になる場合には、セージグリーンのカラーが環境に溶け込みやすいため、最終的にセージグリーンが採用されることになりました。現在、ファッションアイテムとしてのMA-1はさまざまなカラーバリエーションがありますが、セージグリーンやブラックのカラーが人気を集めています。

ちなみにオリジナルのMA-1はどのカラーでも、ビビッドなオレンジの裏地であるレスキューオレンジを備えており、リバーシブル仕様となっています。これは、戦闘機から脱出したパイロットがオレンジ色の面を着用して、レスキュー部隊に発見されやすくなるように設計されています。

セージグリーン

セージグリーンとは、MA-1などのジャケットで使用される布地の色として広く知られている色ですが、具体的な色の印象が人によって異なることから、少し曖昧な色とされています。

一般的にはモスグレーに似た色で、やや暗い緑が混ざったグレーに近い色とされています。一部の商品では、この色をセージグリーンとして販売している場合もあり、色の解釈が多少曖昧なことがあります。一般的には、セージグリーンは緑と灰色が絶妙に混ざった色合いを指すことが多いですが、個別の商品やメーカーによって微妙な違いがあることを覚えておくと良いでしょう。

こちらのカラーは、とても人気のあるベーシックなものなので、他の方と被らないような自分ならではのコーディネートを考えてみるのも楽しいかもしれません。

ブラック

黒のMA-1は、ミリタリーの文脈に縛られず、自由でファッショナブルなスタイルを楽しむための選択肢として人気を集めています。

黒色のMA-1は様々なコーディネートを考える上で幅広い使い道があり、モードやストリートファッションを意識した都会的なデザインや、現代的なシルエットを持つアイテムが数多く存在します。伝統的なMA-1のカラーバリエーションでは難しい、クールなワントーンやモノトーンのスタイリングも、黒のMA-1を活用することでコーディネートが可能です。

黒のMA-1はシックで洗練された印象を持ち、他の洋服との組み合わせによって異なるスタイルを演出できる点もおすすめで、シンプルで洗練された着こなし、クールなストリートファッション、あるいはモダンな都会的なルックなど、さまざまなファッションスタイルに適した色と言えるでしょう。MA-1の黒色は、個性的で自由なファッションの表現を追求する方々にとって、魅力的な選択肢です。

ma1がおすすめな理由

優れた防寒性

MA-1に使用される伝統的な素材は、耐摩耗性に優れ、鮮やかな発色と快適な肌触りを持つナイロンツイルです。MA-1は着用することで経年変化し、個性的な味わいを醸し出すのが魅力です。

見た目には薄手に見えますが、中綿が内部に詰められており、袖と裾にはリブが施されています。これにより、優れた防風性と防寒性を実現しています。MA-1はもともと気温が10度からマイナス10度のエリアでの着用を想定して作られているため、寒冷な環境でも暖かさを提供します。

また、MA-1の裏地には「レスキューオレンジ」と呼ばれる鮮やかなオレンジ色が採用されており、これはパイロットが非常事態に備えて着用時に目立つ色を表にするためのものです。1960年代には、パイロットが墜落事故などの緊急事態に遭遇した場合、オレンジのライニング面を外側に着るよう指示されていました。そのため、アルファのMA-1はリバーシブルデザインで、選択肢が広がっています。

伝統的なデザイン

MA-1には左腕にジッパー付きのシガレットポケットがあり、これはMA-1が誕生した当初から続くこだわりです。一般的なショート丈のブルゾンとは異なり、シガーポケットは独自の特徴の一つと言えます。

さらにアルファのMA-1にはこのシガーポケットに取り付けられた赤いタグがあります。このタグは、ミサイルや爆弾などが誤って発射されないように、戦闘機の安全装置に取り付けられているものです。通常は「REMOVE BEFORE FLIGHT(飛行前に外せ)」という言葉が書かれており、実際の飛行前には外すべきですが、MA-1を着る際にはお好みでそのまま付けても問題ありません。

現代の流行にも合うシルエット

MA-1のショート丈のシルエットは特筆すべき特徴です。このショートなデザインは、狭い航空機のコックピットで座り、操縦桿を操作するパイロットに適していることから採用されました。

アルファはこのショート丈の特性を生かしつつ、現代のスタイルにも適応できるようにシルエットを洗練させています。そのため、ミリタリーアイテムとしてのクラシックな雰囲気と機能性はそのままに、さまざまなスタイルに合わせることができます。

MA-1の手入れについて

MA-1は洗濯をして手入れをすることが必要です。ここでは洗濯の仕方を解説します。MA-1は中綿に湿気がこもりやすく、放置するとカビが生える可能性があるため、汚れたり湿ったりしたら洗濯しましょう。

まずは洗濯可能か確認します。MA-1が洗濯可能かどうかを確認するため、洗濯表示をチェックしましょう。桶のマークや手洗いのマークがある場合、自宅で洗濯することが可能です。バツが付いている場合は自宅での洗濯を避け、クリーニング店に出すことを検討してください。

続いて使用する洗剤について、洗濯表示を確認しましょう。漂白剤入りの洗剤はMA-1に適さないことがあります。デリケートな素材のため、オシャレ着用洗剤が適しています。チェックしないと、ジャケットを傷めてしまう原因になり得るので注意が必要です。

またチャックを開けたまま洗濯すると、MA-1が傷つく可能性があるため、必ずチャックを閉めた状態で洗濯しましょう。特に皮製のチャックの場合、取り外すことも考慮しましょう。襟元や袖口など汚れが気になる部分は、部分洗いが必要です。オシャレ着用洗剤を使用し、汚れを落とすために軽くこすり洗いを行い、汚れを取り除きましょう。

おすすめコーディネート

ブラックを基調としたコーディネート

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1091911872137915318/

こちらのコーディネートは、黒色のMA-1を着用したスタイルです。キャップやインナー、パンツを黒色で揃えることによって統一感が生まれます。

黒は落ち着いた印象と、大人なおしゃれさを演出する色なので、大人なコーディネートを目指す方にぴったりです。また靴を明るい白色のものを選ぶことによって、重すぎる雰囲気になることを防ぐことが可能です。

黒を基調としたカジュアルなコーディネート

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/659425570459515370/

MA-1は、かっこよすぎるが故に少しとっつきづらい印象を与えてしまうことを気にされる方もいるかもしれません。そんな方におすすめのこちらのコーディネートは、インナーにグレーのパーカーを着用し、カジュアルな雰囲気を作り出しています。

パーカーはMA-1のかっこいい印象とは少し異なり、どちらかというとラフでカジュアルな印象を与えるアイテムです。その2つのアイテムを組み合わせることによって、程よいバランスのコーディネートが完成します。

グレーのシャツがワンポイントのコーディネート

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/288300813654742021/

こちらのスタイルは、黒色のMA-1にグレーのシャツを合わせたコーディネートです。全身を黒のスタイルで合わせた中にグレーのシャツの存在感が際立ちます。

全てのコーディネートを黒で統一すると、どうしても重く単調な印象が生まれがちですが、この明るい印象のグレーのシャツを一枚着るだけで爽やかなイメージに仕上げることが可能です。こちらも、かっこよさの中にカジュアルな印象を持たせることができるおすすめのスタイルです。

セージグリーンのMA-1を活かしたコーディネート

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/441352832247281299/

こちらは、暗めのセージグリーンのMA-1を着用したコーディネートとなっています。緑色は、シックで落ち着いた大人の印象を与えるスタイルです。黒色のパンツが良いアクセントになり締まった印象を与え、シンプルながら人気の高い組み合わせです。

また靴にジャケットと同系色である緑色を使うことで、さりげなく統一感を作ることができる点もおすすめです。また前のチャックを閉めて着用することによって、カジュアルな印象ではなく、少しフォーマルめな印象を与えることができるので、大人な雰囲気を醸し出すことが可能です。

セージグリーンのMA-1をワンポイントに使ったコーディネート

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/745838388286455007/

こちらのコーディネートは、セージグリーンのMA-1をあえてワンポイントに使った高度なテクニックを用いたスタイルです。

セージグリーンのMA-1というと、存在感抜群なのでどうしても主役に持ってきたいと考えがちです。しかしこのコーディネートでは、サングラスからパンツまで統一された黒を基調としたコーディネートをメインとして、ワンポイントの差し色としてセージグリーンのMA-1を使っています。そうすることでMA-1の存在をきわたたせることができ、印象的なコーディネートとなるのでおすすめです。

落ち着いたグリーンのMA-1を着用したスタイル

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/308215168251240465/

こちらのスタイルは、暗めのグリーンのMA-1を着用したスタイルになります。

明るい緑を選んだときよりも、少し重めの印象になりがちですが、インナーに白色のシャツを着用し、パンツに明るい青色を着用することによって明るい印象に仕上がっています。爽やかな印象を与えるコーディネートになるので、明るいイメージを求めている方におすすめです。

タートルネックで首元を意識したコーディネート

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/444941638199084184/

こちらのコーディネートは、首元のタートルネックが特徴的なコーディネートとなっています。

MA-1を着ると、少し首元が寂しくなりがちなので、インナーとしてタートルネックを着用することで、首元の寂しさを解消し、上手くファッションに溶け込ませています。黒色でパンツと靴とも合わせているので、全体的に統一感も感じられ、おしゃれな大人の男性の雰囲気を醸し出すことが可能です。また防寒対策にもなるので寒い時期にもぴったりのコーディネートとなっています。

まとめ

今回の記事ではMA-1についての説明から、カラーの紹介、おすすめコーディネートまで徹底解説しました。

MA-1は伝統あるジャケットで、黒や緑など複数のカラーも展開されているため、幅広い自分好みのコーディネートをすることが可能です。また単体でもとてもおしゃれでかっこいいアイテムなので、一着持っているだけで楽しくなるようなアイテムとなっています。ぜひ自分のお気に入りのMA-1を探して購入してみてください。