Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/xs780789/7utile.com/public_html/wp-content/themes/the-thor/inc/seo/ogp.php on line 96

スーツをおしゃれに着こなす方法が丸わかり。着こなしからデザイン、おすすめのコーディネートまで徹底解説

スーツは社会人として日々仕事を行う上で、非常に大きな存在です。基本的に毎日着ることになり、スーツの着こなし一つにおいてもその人の性格や人となりが読み取れるため、決してないがしろにはできません。

しかしスーツをどのようにコーディネートするとおしゃれに見られるのかといった知識を持たない方も案外多いのではないでしょうか。

この記事では最新のトレンドをふまえて、スーツの種類やおしゃれにコーディネートする時のポイント、おすすめのコーディネートまで幅広く徹底解説します。

スーツをおしゃれに着ている人のメリットとは

まず、スーツをおしゃれに着こなすメリットはどのようなものがあるのか解説していきます。

スーツはビジネスシーンでの印象アップ

真っ先に挙げられるのは、ビジネスシーンにおいて自身の印象をアップさせるということです。

現代の日本ではスーツはビジネスシーンにおける正装として認識されています。そのため多くのサラリーマンがスーツを身に付けて出社し、その姿で仕事を行っています。仕事において身だしなみの徹底は重要であり、それには当然正装であるスーツの着こなしも含まれてきます。

ヨレヨレのスーツを着て出社したり、明らかにサイズの合ってないスーツを無理矢理着て仕事に臨むのは相手に悪印象を与える可能性があるので、良いと言えません。

一方で、スーツを上手く着こなすことで、相手に好印象を与える可能性もあります。最低限の着こなしをしっかりとした上で、少しのおしゃれに見えるコーディネートを挟むことで、着ている人がよりカッコよく見えます。

また仕事相手にもスーツの着こなしまでしっかりとこなせると思われるので、本人の印象アップにも繋がります。実際に人の印象の多くは目に見える情報で決まるため、スーツの着こなしが仕事の成否に関わることもあり得るでしょう。

女性からの印象アップ

二つ目のメリットは女性からの印象を上げるということです。

世の中には「スーツマジック」という言葉があります。これはスーツを着ている男性がいつもよりカッコ良く見えるという現象を指しており、実際に世の女性の中にはスーツを着ている男性をカッコ良く感じる人が一定数居ると言われています。

スーツをしっかりと着こなすことで、仕事ができそうに思われたり、しっかりとした印象や知的な印象を与えられるなど、女性からの印象アップを実現できます。またスーツではない姿を見せている女性が相手の場合では、普段の印象との大きな差を見せつけられるため、より効果的に働くでしょう。

スーツの着こなしをしっかりとすることで、女性からの印象をアップし、より充実した社会人生活を送れます。

スーツの種類

一口にスーツといっても、そこにはいくつかの種類が存在します。

シングルスーツ

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1010847078836792693/

日本で着られているスーツの中で、最もスタンダードなのがこのシングルスーツと呼ばれるものです。

ジャケットの前ボタンの配列が縦一列になっているのが特徴です。ビジネスシーンはもとより、結婚式のようなパーティーの場での着用、おしゃれな普段着としての活用などあらゆる場面に対応しています。

襟の形は基本的にノッチドラペルという定番の仕様が多いです。またボタンの数や位置がスーツの種類によって異なります。数に関しては2〜4の間で好きなものを選べます。位置に関しては高めのハイツーと呼ばれるものと、低めのロウツーと呼ばれるものが存在しており、好みに応じて選択できます。

ダブルスーツ

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/1008454541543654107/

少し前に日本で流行ったのがこのダブルスーツと呼ばれるものです。

シングルスーツと異なりボタンの配列が2列になった結果、ジャケットの左右を大きく重ね合わせるため、より引き締まった印象を与えられます。

襟も下襟が尖ったピークドラペルという仕様になっているのが特徴です。ボタンの数に関しては4つ、6つ、8つの3種類がある他、配列に関しても2列のボタンが平行に並ぶオールインラインと、V字型に並ぶスプレッドアウトという2種類が存在しているため、自身の好みに合わせて好きなものを選べます。

スリーピースのスーツ

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/271130840057874982/

かつてスーツの主流だったのがこのスリーピースと呼ばれるものです。

ジャケット、ベスト、スラックスが全て同じ生地で仕立てられているのが最大の特徴で、コーディネートが簡単かつまとまった印象を与えられます。襟の形の種類も多く、自分が気に入るデザインのものを見つけやすいのも魅力です。

古くからスーツの主流スタイルとして人気を集めていましたが、着用時の手間や動きやすさを改善するためにベストが省かれるなどの改良が行われました。その結果誕生したシングルスーツやダブルスーツに席を奪われることが増え、現在ではやや珍しいスタイルとなっています。

おしゃれなスーツを選ぶ人が気にするポイント4選

スーツを選ぶ際、何を基準に選べば良いか分からない男性は少なくありません。ここではスーツを選ぶにあたって重要となるポイントを3つ程紹介します。

スーツ自分の身体に合った大きさやデザインが大切

スーツを選ぶ際にどんなことよりも重要となるのが、自分の身体に合った大きさのスーツを選ぶということです。何故かというとスーツのオシャレなコーディネートにおいて、シルエットの自然さが大きく関わってくるからです。

いくつかチェックする箇所はありますが、最も重視するのは肩幅の部分。ジャケットの肩先と自身の肩幅を比較した際に、肩先が肩幅より大きすぎたり、小さすぎるものは考え直さなければなりません。

実際に肩先が広すぎるとダボついたコーディネートになり、相手にだらしない印象を与えてしまいます。また肩先が狭すぎる場合は窮屈な印象を与えたり、自身が動きにくくなるというデメリットがあります。機能性とコーディネートを両立するには少しゆとりのある大きさくらいが理想でしょう。

スーツ着丈や腰回り、袖や裾といった部分も要注意

着丈や腰回り、袖や裾といった部分もスーツを選ぶ上で欠かせないポイントです。

着丈はスーツのシルエットを形作る要素になっており、現在のトレンドはお尻が少しだけ隠れるくらいの長さです。腰回りに関しては胸の部分に拳一個が入る大きさ、ウエストはパンツの部分に手のひらが入る大きさが理想とされています。

袖や裾はスーツの美しさを形作る要素になっており、袖は腕を降ろした時にシャツが1cm程見える長さ。裾は立ち上がった際にヒールの上から4cm程余裕が生まれる長さが望ましいとされています

スーツはおしゃれな色や柄のチョイスも重要

スーツを選ぶ上でどのような色や柄のものを選ぶのかは悩ましいポイントです。

おしゃれなコーディネートをしたいと思う方は奇抜な柄や色を選ぼうとするかもしれません。しかし最初は基本の色や柄のものを選ぶ方が良いでしょう。柄に関しては無地のもの。色に関しては黒、濃紺、グレーといったものが該当します。無地のものはシンプルですが、どんなシーンにも違和感なく溶け込めるため、コーディネート初心者には持ってこい。色に関しても前述した3色はどんなシャツやアクセサリーとも合うため、失敗する可能性が少ないです。

もちろんコーディネートに慣れてきたら、少し奇抜な柄や色のスーツを着るのも選択肢に入ってきます。例えばストライプ柄のスーツのスーツを着ることで、スタイリッシュな印象を与えられます。チェック柄のスーツを着ると、おしゃれで柔らかい印象を持ってもらえるかもしれません。

色に関しても明るめの色を選択することで、相手に明るい印象を与えるコーディネートが可能です。徐々に自分の個性を出したコーディネートに挑戦していきましょう。

おしゃれなスーツにあったワイシャツ選びも

スーツを選ぶ時のポイントとして見落とされがちなのが、中に着るワイシャツの種類です。ワイシャツ選びで最も重要なのはスーツと同様に、自分の身体に合った大きさのものを選ぶということです。

もし身体に合わない大きさのものを選んでしまうと、スーツのシルエットが崩れる、余計なシワが生まれる、腰回りや袖の大きさのバランスが悪くなり、スーツのサイズを見直す必要が生まれるといったデメリットがあります。こうしたことを防ぐためにも、自分の身体に合った大きさのワイシャツを選び、しっかりとスーツに合わせる作業が重要です。

またワイシャツのデザインに関しても、注目するポイントがあります。ワイシャツにはワイドカラーとレギュラーカラーの2種類が存在しており、違いは襟の開き具合です。基本的には2種類共用意しておくと、コーディネートの幅を広げられるため、おすすめです。

スーツのおしゃれなコーディネートで重要なポイント7選

次にスーツのコーディネートにおいて重要なポイントを7つ程紹介します。

ネクタイの結び方と組み合わせ

スーツのコーディネートにおいて真っ先に見られるのがネクタイです。ネクタイの結び目を小さく整えて首元まで上げた上で、大剣がベルトに少しかかるくらいの長さで止めるのが望ましいとされています。

結び目と長さをしっかりと整えておくことで、ピシッとした雰囲気を醸し出すことができます。

またネクタイの柄もポイントです。スーツと同色で合わせるも良し。少し派手な色味でアクセントを加えるもよし。ネクタイの使い方でコーディネートの幅が広がります。

ボタンの留め方にも注意

一般的にジャケットやベストの1番下に付けられているボタンは外すことが望ましいとされています。

ボタンを外しておくことで、スーツのシルエットに余裕が生まれ、大人な雰囲気の醸成に一役買うでしょう。

襟元にも注意

意外と見落としがちなのが襟元の着こなしです。襟が折れているのはもっての外。シャツの襟がジャケットの襟から2cm程度見えている状態が望ましいとされています。

シャツの襟が全て隠れて見えない状態は、スタイリッシュな雰囲気を損なうため、今一度気を付けてみましょう。

配色をカラフルにし過ぎない

スーツのコーディネートを行う際には、全体の配色をカラフルにし過ぎないのもポイントです。

あれこれと色々な色味を用いたコーディネートでは、派手過ぎる、子供っぽいといった雰囲気を感じさせてしまうこともあります。

基本的にはスーツと同色や同系統の色合いのもので揃えるのがベターです。同じ系統で揃えることでコーディネートに一貫性が生まれ、落ち着いた雰囲気を感じさせられます。スーツのコーディネートをする際には使う色の数にも気を付けましょう。

柄の合わせ方

柄の合わせ方は他人と差をつけやすいポイントです。一般的に柄を多く使うコーディネートは難易度が高いとされています。コーディネート初心者のうちはあまり柄を使わず、アクセントとして一つのアイテムで取り入れるくらいが丁度良いでしょう。

特にネクタイは柄物も多いため、簡単に取り入れられておすすめです。次第に慣れてくると、柄の強弱などを踏まえて複数のアイテムを組み合わせていくといったステップになります。

革靴の種類もしっかりと

スーツのオシャレなコーディネートを行う上で、革靴との組み合わせ方は外せないポイントです。革靴には内羽根や外羽根、ストレートチップやプレーントゥなどさまざまな種類が存在しています。

一般的にビジネスシーンで着るスーツと合わせるのは、黒の内羽根ストレートチップの革靴が良いとされています。余計な装飾がなく、すっきりとしたデザインとなっているため、スーツとの相性が良いのが理由です。また少し個性を出していきたい時には外羽根のものや、甲の部分に装飾のあるウイングチップの革靴がおすすめです。

小物を上手く組み合わせよう

やや難易度は高いですが、小物を上手くコーディネートに取り入れることで、おしゃれさが一気に増します。

基本的なものではスーツの色味に合わせたベルトや時計の装着が挙げられるでしょう。またビジネスシーンではないですが、パーティーや冠婚葬祭の際にはポケットチーフを用いるのもおすすめです。スーツの胸ポケットに入れておくだけで、コーディネートにアクセントを加えられ、対面した相手に好印象を与えられます。

おしゃれなスーツのおすすめコーディネート4選

ここからはスーツのおすすめコーディネートを4つ程紹介します。

グレー×無地のスーツ

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/609463762072212589/

グレーかつ無地のスーツを基に全身をコーディネートするスタイルです。インナーのシャツやネクタイも同じ色味の物を採用しており、優れた統一感とスタイリッシュな雰囲気を醸し出すことに成功しています。

また茶色の革靴がワンポイントでアクセントなっているのも見逃せません。ワンポイントの部分はネクタイやベルトでも良いため、自分の好みに合わせて変えてみてはいかがでしょうか。

黒×ストライプのスーツ

 

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/589479038714751210/

黒かつストライプ柄のスーツを基に全身をコーディネートするスタイルです。黒のスーツはビジネスシーンにおける基本中の基本として知られており、未だに高い着用率を誇ります。このコーディネートでは縦に白いストライプ柄が入っているため、よりシュッとした雰囲気を纏うことができます。

またインナーのシャツも白いストライプ柄、ネクタイも斜めのストライプ柄と、スーツに合わせた柄のチョイスができており、全体の統一感が損なわれないのも魅力です。総じて細めのストライプ柄となっているので、体型が細く見えやすいといったメリットもあります。

濃紺×ストライプのスーツ

 

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/589479038721350636/

濃紺かつストライプ柄のスーツを基に全身をコーディネートするスタイルです。濃紺のスーツは黒のスーツ程ではありませんが、ビジネスシーンにおいて多く着られています。黒のスーツよりも優しい雰囲気を醸し出しつつ、ストライプ柄でスタイリッシュさも損なわないようになっており、対面した相手に安心感を与えるのが魅力です。

写真ではカラフルなネクタイを組み合わせておしゃれさも確保しており、ネクタイの組み合わせ方次第で個性をどんどん出すこともできます。

グレー×ストライプのスーツ

(出典:https://www.pinterest.jp/pin/594123375867745301/

グレーかつストライプ柄のスーツを基に全身をコーディネートするスタイルです。ビジネスシーンにおいては比較的珍しい組み合わせのコーディネートなので、これを着るだけでも簡単に個性を出せるのが魅力的。ネクタイと色を合わせることで統一感を出しつつ、無地のインナーシャツによって派手さを抑えることに成功しています。

グレー×無地のコーディネートと比較すると、柔らかさはやや失われたものの、より貫禄が出た大人な雰囲気を醸し出しているのが分かります。

まとめ

以上がスーツの種類やおしゃれにコーディネートする時のポイント、おすすめのコーディネートについての紹介になります。スーツは日常的に身に着ける衣服であると同時に少しの知識やテクニックでおしゃれさを磨くことができます。これを機に自分にマッチするお好みのスーツのコーディネートをお探しになってみてはいかがでしょうか。